カメラバッグ

CHROME(クローム) カメラバッグ【CHROME NIKO/REFLECTIVE CAMO】
CHROME(クローム)の展開するカメラバッグとして非常に人気の高いNIKO。そんな定番のバッグシリーズにリフレクター仕様のレインカモを全面に配した限定モデルが登場です。NIKOと言えば、お馴染みのクイックリリースバックルが搭載されたカメラ専用の防水メッセンジャーバック。機動性や即興性が求められる、多くのストリートフォトグラファーやビデオグラファーから熱い支持を得ています。全天候に対応した1,000デニールナイロン製のアウターシェルは、防水・耐久性に非常に優れ、あなたの大事なカメラをしっかりと保護してくれます。クイックアクセスが可能なバック上部のメインポケットには、ウインドブレーカーや携帯、財布といった日常生活に欠かせないアイテムを収納することができ、カスタム可能なメインコンパートメントにはレンズやフラッシュなどを収納可能。また、サイドには三脚を収納出来るベルクロストラップまでも装備されています。日常的にカメラを持ち歩く人が多い現代において、正に打って付けのバッグとなり、サイクリストにとっては尚の事。恐らく、こんなカメラバッグを探していた方も多いハズです。ここまでスタイリッシュなカメラバッグは他にはなく、重宝する事は間違いないでしょう。

CHROME(クローム) カメラバッグ【CHROME NIKO TARPAULIN JP LTD】
カメラバッグ=NIKOという方程式が出来上がるほど、世の中に浸透したCHROMEのカメラバッグ、NIKO。この度、コーデュラナイロンを主体としていた通常ラインナップとは違う、日本限定の仕様でNIKOが新たに登場しました。アウターマテリアルにはヤルタなどでもおなじみの、水分に対する強い耐性を持つTruck-Tarpaulin(トラックターポリン)を採用。これにより、突然の雨や外的要因から愛機をしっかり守ることができます。また、今回は日本特別仕様ということで、シートベルトバックルやCHROMEブランドロゴもすべてブラックで統一。よりシックな仕上がりとなりました。

CHROME(クローム) カメラバッグ【CHROME NIKO】
こんなカメラバッグを探していた方も多かったハズ。サンフランシスコやニューヨーク、東京には、バイクと同様にカメラを毎日持ち歩く人達が溢れています。このNIKOには、そんな彼らの撮影シーンを想定したかのようなアイディアが詰め込まれているんです。CHROMEの象徴であるメッセンジャーバッグと同様のバックルストラップは、いざという撮影シーンでも瞬時にストラップをスライドさせ、胸元でカメラを取り出すことを容易にしてくれます。また、デジタル機材が収納可能なポケット付で、外側のベルクロストラップはトライポッドの取付が可能。着脱式の仕切板は自分好みに荷室内をカスタムすることができます。こんなにスタイリッシュなバッグにも関わらず、デジタル機材専用設計とは、さすがCHROMEです。※大きめのバージョンもございます。

CHROME(クローム) カメラバッグ【CHROME NIKO PACK】
カメラバッグとして高い人気を誇るNIKOの大容量バージョンが登場です!NIKO-PACKは大荷物の撮影でも容易にデジタル機材を持ち運ぶことが出来る、大型カメラバッグです。全天候型のアッパーはもちろん防水仕様。止水ファスナーが施されたメインコンパートメントは可動式の仕切りがついていて、カメラやレンズの形・大きさによって仕切り位置が簡単に調整できます。レンズ専用のポケットも付いているので、バッグの中で機材同士がぶつかって傷が付いたり壊れる心配もありません。NIKO-PACKは上部のポケットからメインコンパートメント内にアクセスできるので、荷物の出し入れがとても楽。バッグ外側のベルクロは三脚やスケートボードを固定できるようになっており、さすがCHROMEといったところ。15インチのPCが入るスリーブが装備されていたりと、至れり尽くせりなカメラバッグなのです。

CHROME(クローム) クローム/カメラバッグ【CHROME NIKO SLING】
カメラバッグとして高い人気を誇るNIKOのコンパクトバージョンが登場です!NIKO SLINGはコンパクトデジタル一眼やレンズなどをスマートに持ち運ぶ為に設計された、小型カメラバッグです。全天候型のアッパーはもちろん完全防水。止水仕様のメインファスナーはバッグ背面側についており、体の正面でカメラを取り出すときに、大切なカメラが落ちたりすることのないように設計されています。メインコンパートメントは可動式の仕切りがついていて、カメラやレンズの大きさによって仕切り位置が簡単に調整できます。内ポケットも3箇所あり、大切なSDカードなどをしっかりと保管できます。バッグ背面にはもう一つファスナー付きのポケットがついていて、ポケット地図などをしまうこともできます。CHROMEバッグの象徴である、クイックリリースシートベルトバックルが装備されているので、ウエストバッグとしてもお使いいただけます。